最新情報

相続時精算課税制度適用要件の暖和

改正内容は次の通りとなっております

項   目 平成25年度の改正前 平成25年度の改正後
贈与者の要件   65歳以上の父母 60歳以上の父母(祖父母)
受贈者の要件    20歳以上の子   20歳以上の子又は孫

適用時期                                                                                   

  【相続時精算課税制度の見直し適用対象者の範囲の拡充の改正は、平成27年1月1日

以後の贈与により取得する財産に係る贈与税について適用することとされています。

相続時精算課税制度の概要

              項       目                    平成25年度の改正前           平成25年度の改正後       
     贈与者の要件                    65歳以上の父母            60歳以上の父母(祖父母)

目  

 受贈者の要件        

        20歳以上の子

    (養子又は代襲相続人を含む)

      20歳以上の子又は孫

    (養子又は代襲相続人を含む)

  贈与制度     の選択          

 贈与者ごとにまた、受贈者ごとに贈与制度(一般課税制度、相続精算課税制度)の選択をすることが可能

  特別控除 の選択        

 2,500万円(この特別控除額は、2,500万円に達するまで一生涯において複数年間において使用することが可能(累積制度))
 税  率  20%(一律の比例税率)
 贈与税の計算   

 (その年中の贈与財産の価額-特別控除額(注))×20%

 (注)  ① 2,500万円ー既にこの特例を受けて控除した価額

      ② その年中の贈与財産の価額                     

  申告要件  特別控除額の範囲内で、算出贈与額が生じない場合であっても、贈与税の申告が必要

  手続規定

 この特例の適用を受けようとする最初の贈与を受けた年分の翌年2月1日から3月15日までの間にこの特例の適用を受けようとする旨の届出書(相続時精算課税選択届出書)を提出

 生前贈与加算  特定贈与者に係る相続開始時に、すべての受贈者に対する贈与について相続財産に加算して相続税を課税
 贈与税額控除  贈与税控除を適用して既に支払われた贈与税額を控除。この場合、控除しきれなかった贈与税額相当額については還付
 受贈者が先に死亡した場合  原則として、当該相続時精算課税適用者が有していた相続税の納税に係る権利又は義務を当該相続時精算課税適用者に係る相続人が承継
 情報開示     の制度  相続税法の規定による情報開示制度を明記

 

 

最新情報

相続のプロに是非ご相談ください!

お問い合わせWEBフォーム

無料相談会実施中

WEBフォーム

対象地域

群馬県 玉村町

群馬県(前橋市、伊勢市、高崎市)を中心に対応しております。

事務所案内

事務所外観

あおい会計グループ
津久井清隆税理士事務所

〒370-1121
群馬県佐波郡玉村町
上飯島237-6

TEL:0120-560-339

これから相続を迎える方へ会員登録割引制度

相続手続き代行サービス